HOME > フィールドミュージアムとは

自然と暮らし、歴史と文化、まるごと博物館
早川フィールドミュージアムとは

 フィールドミュージアムとは、その土地の歴史・風土・文化そのものを博物館又は美術館に見立て、住んでいる人と訪れた人が互いに価値を発見していく仕組みです。フランスで始まったエコミュゼとその理念は同じで、いわゆるハコモノといわれる従来型の博物館に対して、地域全体を博物館にみたてた住民主体型の博物館活動であることが特徴です。
 早川町では、地域に存在する自然環境、生活文化、有形無形の文化財など、地域の様々な資源を住民自らが掘り起こし、守り、残し、伝えながら地域の未来を考え行動していく地域づくりの手法と捉えています。

早川町の特徴と、それらを表す3つの言葉

 早川町は山梨県の南西の端、静岡県との県境に位置し、標高3,000mを超える南アルプスの山懐に抱かれた山村で、その谷間に富士川の支流でもある早川が流れます。総面積は約370平方km。その96%を山林が占める「やまだらけ」の町で、人口は約1,300人と「日本で最も人口が少ない町」としても知られています。
 ただ、こうした地理的特殊性から、町内には自然、歴史、生活文化等、有形無形の様々な資源が存在します。早川フィールドミュージアムでは、こうした地域独自の資源を再評価するとともに活用しながら、早川町ならではの地域づくりに取り組んでいきたいと考えています。
 以下に、早川町の特徴を古くから使われてきた「3つの言葉・方言」を使って説明します。これらは、早川フィールドミュージアムのメインテーマにもなっている、重要なキーワードです。

  1. 「早川入り」

    • 早川入り
    • 「入り」とは入り組んだ谷間の地域という意味です。南アルプスの2,000~3,000m級の山々に囲まれ、その谷間を早川が流れるこの地域の地理的条件を示した言葉として、古くから使われてきました。自然の豊さと同時に、人が入ることさえ拒むような厳しさを表していると言えるでしょう。国の天然記念物にもなっている「新倉断層」は、日本列島中央部を横断し、東北日本と西南日本を分ける延長250kmにも及ぶ断層・糸魚川 静岡構造線の露頭であり、こうした早川町の地理的特徴の成り立ちを端的に表した場所です。
      また3,000mという標高差によって、町内には多様な動植物相が見られます。植物では、タブノキ、アラカシなどのカシ帯、モミジ類やブナ、ナラなどのブナ帯、コメツガ、カラマツやシャクナゲ、サラサドウダンなどのシラビソ帯、そして高山ではハイマツ帯を見ることができます。
      野生動物では、天然記念物であるニホンカモシカやライチョウをはじめ、ツキノワグマ、ニホンジカ、ニホンザル、イノシシなどのほ乳類、ヤマセミ、クマタカなどの山深い地域にしか生息しない野鳥、イワナ、ヤマメ等の渓流魚も数多く生息します。
      なお、町の北部が南アルプス国立公園や山梨県立巨摩自然公園に位置づけられていることも、早川町が自然豊かであることの証拠の一つだと言えるでしょう。
  2. 「まんのうがん」

    • 早川入り
    •  漢字では「万能丸」と書き、その字の通り万能の人という意味です。昔から「山村に暮らす人々は『まんのうがん』でなければ生きていけない」と言われ、農業、林業、狩猟、炭焼き、養蚕、養蜂などの複数の生業をこなし、生活に関わるあらゆることを自分たちの手でこなしてきました。
       かつては焼畑を行い、ソバ、アワ、ヒエ、キビなど自給的な食料を生産する傍ら、杣・木挽きとして山で材木を切り出し、炭焼きをしたり曲げ物を作って換金したり、狩猟、魚釣りなど、山の恵みを最大限に活用した複合的な生産活動が行われてきました。
       こうした複合的な生業のあり方というのは、平らな土地が少なく米作に向かないといった地域的な条件によってそうせざるを得なかったという面もありますが、同時に様々な生産活動の組み合わせで山の資源を薄く広く利用することが、自然環境への負荷を一定の水準に保つ仕組みとして働いていたとも考えることも出来ます。
      電源開発の時代や高度経済成長期を経て生活の基盤は変化しましたが、現在も「まんのうがん」の精神は町民に受け継がれています。大半の家庭では味噌仕込み、コンニャクや豆腐づくり、乾物づくりを行っています。釣りや狩猟、養蜂等に取り組む人も大勢います。それが自分流のこだわりあるライフスタイルでもあります。
       自然の恵みを最大限に利用し、自分のことは自分で行う「まんのうがん」的なライフスタイルは、これからの時代に必要とされているのではないでしょうか。
  3. 「ゆうげぇし」

    • ゆうげぇし
    •  早川町における地域社会の有り様を表す言葉です。漢字では「結い返し」と書き、いわゆる労働交換のことをいいます。屋根の葺き替え、田植えや稲刈りなど自分一人ではできないことは、まわりの人々と労働力を出し合い、乗り越えてきました。
       「ゆうげぇし」を支える価値観は、相互扶助と共同作業です。「ゆうげぇし」とは呼ばれないものであっても、助け合いと共同作業は、早川町の暮らしの様々な場面で見られます。例えば、味噌仕込みも共同でされてきました。集落には共同の大きな釜があり、各自が豆を持ち寄りその釜で一度に煮ました。一晩、火を絶やさないように番をしなければなりませんでしたが、小屋の中でお酒を飲みながら語り合う楽しみの場でもありました。田植えや稲刈りを手伝ったり代行したりする「おすけっと」、また「村仕事」「郷役」などと呼ばれる水道や生活道の管理に関する共同作業は今でも行われており、年に数回、集落総出で道の草刈りや、セギ(水路)の掃除をしたりもします。

早川フィールドミュージアムの狙い

このように、早川町には、厳しくも豊かな自然環境(早川入り)の中で、早川町の人々は万能の知恵と技術を身に付け(まんのうがん)、相互扶助の精神(ゆうげぇし)で助け合いながら、たくましく生き抜いてきた歴史があります。
早川フィールドミュージアムでは、早川町の生活文化、生活哲学をしっかり掘り起こすと同時に、こうした文化を引き継ぐための様々な活動を推進しながら、山村の中でたくましく生き抜く人材を育てていきたいと考えています。