HOME > 私たちのプロジェクト

早川フィールドミュージアム
私たちのプロジェクト

早川フィールドミュージアムでは、現在4つのプロジェクトを進めています。どれも早川町の地域資源を守り、伝え、活かすための取り組みです。以下に、それぞれのプロジェクトの概要を紹介します。

project No.1
はやかわおもいでアルバム

早川町は山梨県の南西の端、静岡県との県境に位置し、標高3,000mを超える南アルプスの山懐に抱かれた山村で、その谷間に富士川の支流でもある早川が流れます。総面積は約370平方km。その96%を山林が占める「やまだらけ」の町で、人口は約1,300人と「日本で最も人口が少ない町」としても知られています。

ただ、こうした地理的特殊性から、町内には自然、歴史、生活文化等、有形無形の様々な資源が存在します。早川フィールドミュージアムでは、こうした地域独自の資源を再評価するとともに活用しながら、早川町ならではの地域づくりに取り組んでいきたいと考えています。

project No.2
公式ガイドブック「めたきけし」

2年の歳月をかけて作り上げた、全12巻からなる早川フィールドミュージアムの公式ガイドブックです。100名を超える町民が調査、執筆、イラスト作成に至まで、そのほとんどを自ら手がけました。地域のお宝が満載された、町民自慢のガイドブックです。

project No.3
2000人のホームページ

早川町民全員の暮らしぶりや、それぞれが持つ生活の知恵や技を、ホームページ上で紹介する取り組みです。これまでに1000人以上の町民を取材し掲載しています。ちょっとやそっとじゃ読みきれない、ボリュームたっぷりのサイトです。

project No.4
あなたのやる気応援事業

早川町の地域資源を活用した商品開発や企業に向けた、町民の自主的な活動をサポートする助成事業です。平成14年からこれまでに、20以上のグループが取り組みを始め、早川町の新たな魅力がたくさん生まれてきています。