HOME > 私たちのプロジェクト > あなたのやる気応援事業 > おばあちゃんたちの店

おばあちゃんたちの店
テラス増設による販売スペースと憩いの場の充実

〈当初の目的〉

 既存の店舗に手を加え、より多くの商品を置けるよう売り場面積を広げるとともに、遊休農地を利用し、販売可能な花や花苗、野菜、舞茸、山菜(ふき、わらび、こごみ)などを栽培し、観光客が摘み取れるような農園も設ける。

 

〈助成期間中の活動状況〉

 平成14年度に助成を受け、プレハブとテントで応急的に建てられていた施設にテラスと屋根を増設した。テラスは農作物や山菜などの販売場所にもなっており、またおばあちゃん達との会話がはずむ憩いの場となっている。

 

〈その後の活動状況〉

 助成期間終了直後は順調に売り上げも増えたが、不況による環境客の減少、また町内各所に直売所が新設されたこともあり、平成17年には売り上げがかなり減少した。しかし、ここ数年で店周辺の遊休農地を借り受け、ワラビやエゴマを栽培する等、商品数を増やし売り上げを回復しつつある。

  

〈現在の課題や今後の展望〉

 現在のメンバーは8人で、他にも野菜や漬物を持ってきてくれる協力者もいて、お店をやることが「楽しい」と感じている。ただ高齢者も多く、農地も含めこれ以上の事業拡大はなかなか難しいであろう。事業の維持継続と後継者の育成が課題である。