HOME > 私たちのプロジェクト > あなたのやる気応援事業 > 赤沢そばの会

赤沢そばの会
手打ちそば屋の復活

〈当初の目的〉

 赤沢宿を訪れる七面山参詣客に提供されていた「赤沢そば」を復活するために、蕎麦打ち技術の向上に努め赤沢宿の活性化を目指す。

 

〈助成期間中の活動状況〉

 平成14、15年度「虫の目」部門で助成を受けた。技術習得を図るとともに、イベントや実験営業などを通してPRを重ねてきた。

 

〈その後の活動状況〉

 平成16年度末には集落の有志が集まり「赤沢そば組合」を設立し、平成17年7月7日に、集落内の空き家だった家屋を借り受けて自己資金で改装し、「そば処武蔵屋」をオープンした。

 現在、土日祝日に営業し(平日は予約制)、町並みや季節を感じることができるそば屋として観光客に喜ばれている。

 

〈現在の課題や今後の展望〉

 営業時間やメニューを増やしたい、また遊休農地を利用して地元産そばの栽培を行ってみたいという考えを盛っている。これからも、多くの方の協力、支援により「おいしいそば」を作って行きたいとのこと。